FC2ブログ
■総アクセス数 | ■現在閲覧者数 | ■総記事数 | ■総コメント数 | アカデミー賞

Pro

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EDecrypt v1.3

edecrypt13a1.png
mc707氏より EDecrypt v1.3 がリリースされました。

●機能解説
・PRX Decryptor 2.3 の機能を搭載
・Game Decrypter 機能 + 対応してないEBOOT.BIN の decrypt 機能

●更新内容
・多くのキーを追加
・tag 0xD91612F0 のキーを追加
・5.00M33用のパッチ適用機能を追加
・log.txt を ms0:/enc/done/log.txt に作成
・複数ファイルの処理に対応

今バージョンで Game Decrypter が対応していないゲームの decrypt に対応しました。
またパッチを適用する事で 5.00M33上でも起動することが可能になります。

●準備するもの
・CFW導入済みのPSP
EDecrypt v1.3
UMDGen v4.00

●導入方法
EDecrypt v1.3をダウンロードして解凍します。

②中にある「EDecrypt」フォルダを メモステ/PSP/GAME/ にコピーします。

UMDGen v4.00をダウンロードして解凍します。
  解凍後、中にある「UMDGen.exe」を起動します。

④起動後、あらかじめUMDから吸い出したISOファイルを『Open』ボタンから読み込みます。
  PSP_GAME/SYSDIR/ の中にある「EBOOT.BIN」ファイルを
  左クリックから「Extract Selected」を選択し摘出します。
edecrypt13a8.png※クリックで拡大

⑤メモステのルートディレクトに(PSPやISOがある場所)「enc」フォルダを作成し、
  摘出した「EBOOT.BIN」ファイルを「enc」フォルダの中にコピーします。

⑥XMB画面より EDecrypt v1.3 を起動します。
edecrypt13a.png

⑦起動後、以下のような画面が表示されるので
  任意のボタンを押して decrypt を実行します。
edecrypt13a2.png

-操作説明
×ボタン→ 通常 Decrypt を開始
□ボタン→ Decrypt後、M33上で動作するようパッチを適用
○ボタン→ XMBに戻る



⑧終了後、×ボタンを押してXMBに戻ります。
  decryptされたファイルは、メモステ/enc/done/ に作成されます。
edecrypt13a3.png

⑨メモステ/enc/done/ の中にある「EBOOT.BIN」ファイルをドロップし、
  「UMDGen」で先ほど摘出した
  PSP_GAME/SYSDIR/ にある「EBOOT.BIN」ファイルに上書きします。
  この時警告が出ますが、『Yes』を選択してください。
edecrypt13a9.png

⑩後は『Save』ボタンから、『Uncompressed (*iso)』を選択して
  ISOファイルを構築します。構築したISOファイルを
  メモステ/ISO/ にコピーします。
edecrypt13a10.png

⑪これで再構築したISOを CFW 5.00 M33-6 で起動できましたね。
20080102085434.png
スポンサーサイト

[ 2010/03/07 21:14 ] PSP | TB(0) | CM(0)
BlogRanking

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いしますm(_ _)m
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

キ~マン♂GOLD

キ~マン♂GOLD
image.png


●職業
大学生

●自己紹介
毎日大学に通ってる普通の大学生です(笑)
趣味は野球とか水泳、カラオケ好きです!
このブログは当初PSP改造やら、ゲームのことについて
書いてきましたが、今では日記を気まぐれで書いています。
コメントしてくれると喜びます♪
気軽に見てってください~
PC関連




■無線LANのWEP/WAPキーを表示
WirelessKeyView

■暗号化された秘密ドライブ作成
Secret Disk


■工事中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。